注意点は?

注意点は?

2017.03.03
/ / /
Comments Closed

売掛金を回収する場合、弁護士にサポートを頼むのが基本です。そもそも売掛金の回収自体、経験がないとどう行動するべきかわからないので、専門家に任せたほうが安心できます。話し合いも想像以上に負担になるので、それらをまとめて代行できるなど、たとえ必要な作業を知っていたとしても、面倒な作業を任せられるのは非常に大きなメリットです。とはいえ注意すべき点がまったく無いわけではないので、売掛金を回収する際は気をつけてください。

売掛金の回収を弁護士に依頼する場合、当然費用を弁護士に支払う必要があります。いくらになるかは利用する法律事務所にも寄りますが、大抵は相談料と着手金、成功報酬を支払うことになるので、どの法律事務所に相談するか決める際、どの程度の予算が必要か確認しておきましょう。またお金の話だと、売掛金が時効を迎えていた場合、いくら弁護士に依頼しても完璧に売掛金は戻らないので注意してください。

弁護士への依頼は、債務者にとって悪い印象を持たせることもあります。債務者にしてみれば、弁護士がいるだけでもプレッシャーになり、時には法的手段に訴えられるので、その後の関係の悪化につながるでしょう。とはいえ売掛金未回収の時点で、こちらも印象を悪くしていることがほとんどなので、どっちもどっちといえます。むしろ調停などの話し合いのサポートを行ってくれるので、お互いが情報する道を示してくれる分、印象はよく感じるかもしれません。

Comments are closed.